アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
秋音之彦のこころのデリケートゾーン
ブログ紹介
TOPページ(旧日記・掲示板など)
zoom RSS

移転のお知らせ

2009/11/23 00:26
ココロもカラダもリフレッシュ

みんな見に来てね



http://blog.livedoor.jp/akineyukihiko/






記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


− タイトルなし −

2009/09/12 00:59
町で見つけた異様な風景。


これは、鬼才の仕業に違いない!!!!!!!!!!












画像


自転車はタイヤを下にして停めるもの。

この自転車はそんな我々の凝り固まった固定観念を見事に打ち砕いてくれる。

この鬼才はよほどタイヤをいたわりたかったのか、常識に囚われた我々への無言の抵抗か、それともほかにもっと伝えたい何かがあったのか、想像は尽きない。


見慣れた風景でも普段のやり方にひと手間加えるだけで一瞬にして異世界のワールドに変換できる。

「難しく考えることは無い。“それ”はすぐ近くにある。」

行き詰っている秋音に、優しく語りかけてくれる一枚だ。













画像





こんな卑猥な表現が他にあろうか!!!!

それはまるで、屈強な男の上にまたがった華奢な女を思わせる。

無機質なもので生々しい性を表現するメタファーには、脱帽するしかない。


あぁ、自転車ですらセ○クスしてるというのに・・・・












画像





この自転車を見たとき、なぜか無性に泣きたくなった。

他よりどんなに劣っていようとも、どんなにぼろぼろになろうとも、がむしゃらに突き進む。
ただ前だけを見つめながら。



生きることは辛く、厳しく、悲しい。


しかし、きっとそれだけじゃない。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヘヴン

2009/09/10 00:23
秋音は初めその八百屋を見つけたとき、あまりの衝撃に目は釘付けになり、半開きの口からは声にならないうめきを漏らし、ガタガタと震えながらただ呆然と立ち尽くすしかなかった。

まぁそれは嘘だけどもそれぐらいの驚きであった。


その日秋音は、八角でお気に入りのさんま定食を食ったあと、いつもと違う道で帰ることにした。

普段とは真逆に向かって歩くと、通路の両脇にはたこ焼き屋や米屋や酒屋や肉屋など、昔ながらの商店街のようになっていた。そして角を曲がった一角が、八百屋になっていた。


一見ただの八百屋かと思ったが・・・・すぐに秋音はとんでもないものを発見して上記のようになってしまった。



なんとそこでは、女子高生が店員をやってたのだ!!!!!!

なんでわかったかって??制服着てんだよ制服!!!!セーラー服!!!!!!でもってその上からエプロンしてんの!!!


なんかの撮影かと思ってちょっと廻り確認しちゃったよね。



でもってその日は、怖気づいてそのまま帰った。
社会実習かなにかだったんだろうか、とか考えながら。



それから何日か経って、ふとさんまが食いたくなって、帰りにまたその八百屋に行ってみた。

するとまたJKが居た!!!!!!!!!!


こりゃあ社会実習じゃないなと確信した探究心溢れる秋音は、どういうことなのか無性に知りたくなった。

だがただ単に「ねぇねぇきみ と声をかけたんじゃ変態っぽいので、ちょうどよかった、スイカが安く売っていたのでそれとシメジを買うついでに聞くことにした。まるで雑誌の間にエロ本を挟んで買う中学生のような発想だと思った。


レジにて、

「社会実習かなんか??    それとなく聞く。


「あ、いやバイトなんです。ここ、制服じゃないとダメなんです。    JKは快く答えてくれた。


「へぇ〜〜そうなんか。“わざわざ”。頑張ってね!     思わず口から出た“わざわざ”の部分に変態性が潜んでいると我ながら思ったが、まぁ大丈夫だろう。


多分店長は秋音以上の変態だろうし。






家に帰ってスイカを切り分けた


画像




いやッほうううううううううう!!!!wwwwwwwwwww

前から嫌んなるくらいスイカたらふく食いた買かたんだぜッ!!!!!!!!!!!!!!




おいしいのうwwwwwwwwwwwおいしいのうwwwwwwwwwwwwwww



あれ、



おかしいな、




塩かけてないのに、塩辛いぞ




あれ、




なんだこれ、






目から



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一人京都

2009/09/06 23:01
京都、高台寺で百鬼夜行絵巻の展示をしているというので行ってきた。


大阪の南端から京都まで、片道1200円で2時間という“莫大な”時間と費用がかかるが、なんたって生百鬼夜行が見れるのだ、そんな苦労なんてへでもない。

川原町までの特急に乗り、うつらうつらしているうちに着いた。


人生3度目の京都は、休日ということもあり人でごった返していた。
どこを見ても同じ様な景色で、さすが碁盤の目都市である。


「ここは自転車乗りには優しくない街だな」なんて思いながら5分ほどバスに揺られているだけで高台寺前に着いた。




鷲峰山 高台寺 は、秀吉の死後妻ねねが建てた寺だ。

いくつかの堂や院の間に、食い込むようにして沢山の土産物屋や茶屋があり、商売根性たくましい寺だなぁというのが、ぱっと見の感想だ。


土産物屋をぶらぶら見物しながら、百鬼夜行が展示されているところを探す。

園徳院というところの門前にポスターが展示されてあり、ここだろうと思って入った。

院内にはもちろんクーラーなど無く、その代わりに床に置かれた一辺40センチぐらいの巨大な氷が“冷房装置”の役割をしていた。


氷の前には井上円了の幽霊画が吊るされていて、卒論で馬鹿みたいに幽霊画を研究した秋音にとっては感慨深いものがあった。
屏風の中の幽霊は、はかなく恐ろしく眼力凄まじく、数百年経っていてもゾクゾクするぐらいの迫力があった。


院内を身を屈めながら歩いて行くと、長いガラスケースの中に百鬼夜行の絵巻を見つけた。



だが、何か様子がおかしい。こんなにもPOPな絵柄だったろうか。こんなに濃い敗色だったろうか。

どうやらこれは、百鬼夜行をもとに現代人が書いた“イメージ画”のようだ。

聞いてみるとここには本物は展示されていないという・・・・・騙されたぜ・・・・・・・・・・・



園徳院を見たあと、小腹が減ったので近所の喫茶店に入り、ぼったくり気味のわらびもちセットを頼んだ。

画像




一服の後、高台寺内を隅々まで探索し、目当ての百鬼夜行絵巻を発見できた。
なぜかさっきの“イメージ画”も横に展示されていた。

沢山の憑く物神が描かれた百鬼夜行は、怖いというよりもコミカルで、楽しげな妖怪のパレードだ。
こんなものを数百年前に書いてしまう日本人の想像力っちゃぁ凄まじい。
流石“擬人化”変態大国日本である。外人なんて、所詮ネズミを擬人化するぐry


愛染明王にお参りしつつ抗議し、
霊山観音のでかさに圧倒され、

画像



納骨堂の雰囲気にひんやり背筋寒くなり、





高台寺を去ることにした。



道端に人力車が停まっているのを見つけた。
舞妓体験をしている女どもが次々と配達されていく。

画像




秋音も乗ってみた。

画像




見よ、この皇族のような優雅且つ威厳のあるたたずまいを。



画像





10分2000円という痛い出費だったが、それを上回るプライスレスな何かを得、そして失った気がした。





人力車の兄ちゃんに清水寺が近いということを聞き、折角なので行ってみることにした。



坂を上っていくと、社会見学に来ているらしく高校生がうじゃうじゃ居る。
途中、心霊写真っぽく記念撮影に紛れ込みつつ、なるべくかわいいJKを目に入れるようにして、清水寺を目指す。

画像






清水寺ではガイドが生徒たちを案内している。
秋音もその生徒集団に溶け込み、ガイドの話を聞いて回った。




有名なこの角度からの撮影は困難を極めた。人が多すぎんだよマジで!!!!!!!!!!


画像





茶屋でカキ氷を食い、

画像





亀を見た。


画像




外人のカップルが横で、「タートゥタートゥwwwwwww」と嬉しそうにはしゃいでいる。

秋音はふと、顔を隣の金髪女の方に向けた。
そして、キャミソールの隙間から覗く金色のワキ毛を見た。



カルチャーショック

世界は広大だ





帰りの電車では完全に寝た。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本人馬鹿すぎ笑えない!!!!

2009/08/30 21:28
なんかおれが京都観光してる間に凄いことになってんの!?!?!


移民受け入れとか外人参政権とか増税とか言ってるとこにこんなに大勝させていの!?!?!


クソマスゴミが漢字の読み間違い(笑)とかどうでもいいところで揚げ足とってるときに、裏で偽装献金したり国旗切り刻んだり日本は日本人だけの国じゃないとか言ってるとこに、こんなにでかい顔させといていいの?!?!?


マスゴミの思う壺!!!!!!!こんなんじゃ駄目だぞ!!!日本人!!!!!!!!!!




昨日よりワクワクしてきた!wwwwwwwwwwwwwwwwwwww




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


一人花火in和泉

2009/08/25 03:11
多分、これ運命(サダメ)


ベストプレイスを見つけたときから廻り始めた因果の帰結・・・・



ああ・・・・キモい・・・・キモい・・・・・








花火はしたいが一緒にする人が居ない。

じゃぁ一人でやっちゃえばいいじゃない。



一人でやっちゃえば、いいじゃない・・・・・・・・・





去年もやった一人花火、
地面に刺すのも、手際よく火を点けるのも、数本をキープする指先も、もう手馴れたもんだ。


画像


画像




秋音の悲しみを感じてか、去年よりもより激しく、より美しく、火花を散らすHANABIたち。


こんなことしたってネタにもならないのに、空しくなるだけなのに、なんでおれはこんなことをやっているんだろうか。。。

一人シリーズはより奥深く、よりリアルになるけれども、それがなんだというのか。

心は少し強くなったような気がするが、まだまだ折れることは沢山ある。





一瞬輝いて消えるのもよし。
目立たず長く燃え続けるもよし。


しかし秋音は、まだ火すら点いていない体たらく・・・・


あぁ。。。。いったいおれは何をやってるんだろうか。。。。。。




終盤、いよいよ線香花火に手をつけようとしたとき、ライターが見当たらない。

ケータイの頼りないライトを手に必死で探すと、ベンチの隙間の奥に落ちている。
その辺にあった枝でほじくるともっと奥にいってしまいもうどうしようもなくなった。さようなライター



大勢でやるとしみじみ盛り上がる線香花火。
一人でやると空しく盛り下がる線香花火。


これはきっと、これ以上秋音を悲しませないようにという神のやさしいイタズラ・・・・・


気遣いするとこがずれてるぜ。。。神。。。。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


物議をかもす

2009/08/23 23:29
祭りの手伝いに行ってきた。


土曜日、
友人が毎年行っているという地元の学童祭りの手伝いに、秋音も飛び入りで参加してきた。





集合場所の駅前、迎えに来てくれた車内には、友人一家全員の姿が!!!!!

狭い車内(おっと失礼)に詰め込まれる家族と用具とそして秋音、という奇妙な構図!!!!!!

友人の父親は冗談を連発する陽気なオヤジで、秋音は楽に溶け込むことができた。



数分間車に揺られ着いた学童は、木々あり畑あり蛙ありバッタありで、まるで映画に出てきそうな雰囲気のあるナイスな場所だった。





「飛び入りで手伝いに来てくれた秋音くんです」「どうも秋音ですよろしくwwwフヒヒwww」

「いやぁ助かりますよろしくwwwww」という簡単な紹介のあと、、秋音は何をしたらいいのか分からないので適当に机を運んだり、友人が持ってきた機材を配置する手伝いをしていた。



もうすでに子供らが沢山集まってはしゃいでおり、最初は遠くからこちらの様子を伺っていたが、準備もひと段落し、友人が子供らの集団に突撃していくと、途端にやつらは本性を発揮し襲い掛かってきた!!!!!!!!!


男も女も関係なく殴るわ蹴るわつねるわ引っ張るわスネ毛を抜くわ、さすがのナイスガイ秋音も集団で来られたらもうどうしようもない。ボコボコにされて馬プレイをさせられて、ちょっと興奮したwwwwwwwwwwwwww

スネ毛もちょっと薄くなった。




ようじょにおにいちゃんと呼ばれたいという期待とは裏腹に、小林ヒゲオというあだ名を付けられた頃、祭りは始まった。


秋音はベランダでウィンナーを焼く仕事を与えられ、アルコール0のビールを飲みながら、遊びに来た親子連れや子供たちに極太のウインナーを売りつけてやった。




日が暮れた頃、地元のバンドグループによるミニライブが始まった。
と言っても子供対象なので愛だの恋だのは歌わない。

秋音は名物ラーメン音頭で驚異的なダンススキルを見せつけ、観客の目を釘付けにし、ボーカルのおばはんに「紫のお兄さん凄くキレがありますね!!!」とほめられた。




そのあと友人のオヤジによるシュール&不気味な即興劇を鑑賞し、
片付け中に子供らに膝を破壊され、アルコール0ビールの余ったのをお土産にもらい、帰宅した。






滅茶苦茶疲れたが、こんなに子供、特に女子にもてたのは22年間生きてきて初めてだ。
たとえヒゲオでも嬉しいもんだ。



ただ、これで人生に3回あるというモテ期を使ってしまったのなら・・・・

それはそれで困ったもんだ。



画像




        ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはおにいちゃんと呼ばれたかったが
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにかヒゲオになっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    ロリコンだとか変態だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと純粋な喜びの片鱗を味わったぜ…






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

秋音之彦のこころのデリケートゾーン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる